読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミリオン3rd幕張初日 感想

書くまでかなり時間が経ってしまいましたが…
ミリオン3rd幕張初日に感想を個人的に述べていきたいと思います。
このライブはツアーで、5大都市での公演だったのですが、私が参加したのは幕張公演の初日でした。知り合いには全公演に参加している人もいました。

f:id:key1P:20160722213044j:image
写真は友人が参加したのは未来役の山崎はるかさんのフラスタ。会場には他にも素晴らしいフラスタがいくつも並んでいました。

会場に入ると、アリーナ席のかなり後方でした。ですが譲りものなので贅沢は言えません。むしろ会場でライブを楽しめることに感謝です。

それでは早速楽曲の感想に入りたいと思います。


・Dreaming!
開幕はやっぱりこの曲。PVにも使われているミリオンライブの代表曲です。出演者が全員で歌うこの曲は、会場を一気に盛り上げます。

・cut.cut.cut
瑞希と桃子のデュエット曲。二人の相性が良く、楽しい雰囲気のパフォーマンスでした。

・成長Chu→LOVER!!
ここで会場のゴンドラが動き出します。2回席の最後部、左右両側からゆっくりと進むゴンドラにナンスとみっくがそれぞれ乗っていました。左右からそれぞれの声が聞こえてくるようで不思議な雰囲気を感じました。

・Growing Storm!
乙女ストームが初めて5人全員で披露するこの曲で、会場の盛り上がりも最初のピークを迎えたように思います。力強くも楽しい歌声は、乙女ストームらしさを精一杯伝えようとしている演者さんの気持ちがこもっていたように感じました。

・12. …In The Name Of。 …LOVE? 
もともと私がこの曲が好きなこともありますが、阿部里果さんのポテンシャルにはひたすら驚きました。ミリオンの大きなライブに参加するのはこれが初めてのはずなのに、そんなことは一切感じさせない圧倒的なステージでした。

・アイル
この曲は今回のライブのメインに据えられる事は間違いありません。アイルはコミック版ミリオンライブ3巻のメイン曲なのですが、そのシナリオに沿うようにライブの演出が行われ、コミックを読んだことがある人はピンときたことでしょう。


こうしてツアーライブに参加すると、他の公演にも参加すればよかったと後悔することになるんですよね。次回の4thライブはThank you!の歌詞にもあるように、初めてのぶどーかん、初の日本武道館ライブです。また、38人全員が1公演に揃うのも初めてです。ミリオンライブファンには見逃せないライブになるのは間違いないので、それまで応援し続けようと改めて思いました。

アニメプリパラ!優先度表

f:id:key1P:20160721172551j:image
みれぃ「アニメプリパラの視聴優先度をサブタイトル別に紹介していくぷり!
ホントは全話見て欲しいぷり〜!」

f:id:key1P:20160721172951j:image
そふぃ「話の節目ではみんなが大まかなあらすじを説明していくよ〜。
ぷしゅ〜」

f:id:key1P:20160721172748j:image
らぁら「優先度は1〜5の☆の数字で表すよ!☆5は必見!
それじゃあ行くよ〜!せーのでかしこま!」

 

【アニメプリパラ!☆視聴優先度表☆】


1 アイドル始めちゃいました!
☆5

2 約束やぶっちゃダメぷりっ
☆4

3 チーム解散?困るクマ〜!
☆3

4 かしこま!元気 For You
☆2

5 あたし、そふぃさんと歌いたいワニ!
☆2

6 異議あり?らぁらがウチにやってきたっぷり!
☆4

7 レッドフラッシュを探して…
☆2

8 ドキドキ!夏だ!水着だ!プールでかしこまっ♪
☆4

9 ときめきアイドル大集合!
☆4

10 秋色ラブリーライブ
☆3

11 どうする?どうなる!?3人目!!!
☆4

12 はばたけ、そふぃ!
5

13 空見て笑って?チーム名発表!
5


f:id:key1P:20160721174701j:image
みれぃ「ここまでがSoLaMi♡Smileのお話ぷり!懐かしいぷり〜!」

f:id:key1P:20160721174830j:image
シオン「なんの!ここからライバルユニットDressing Pafeの登場だ!イゴ、よろしく!」



14 ライバル登場!イゴ、よろしく!!
5

15 一触即発?シオンVSみれぃぷりっ!
☆3

16 特ダネ!らぁらのヒミツばれちゃった!?
☆3

17 恐怖のハロウィン!ジャック・OH!蘭たん!?
☆3

18 レオナ、全力ダッシュなの!
☆4

19 みれぃとクマ、運命の出会いぷりクマ!
5

20 パスタVS忍者!
☆2

21 解散!?そふぃ様親衛隊
☆4

22 学園祭でライブクマ〜!
☆2(プリパラトレーラーは出ます)

23 プリパラ最後の日でっすわ!
☆3

24 さよなら、プリパラ
5

25 クリスマスプレゼントフォーユー!
☆4
 


f:id:key1P:20160721175241j:image
ドロシー「どう!?ボクたちの活躍!最高にカッコよかったでしょ!」
レオナ「ドロシー、リラックス!校長先生とも仲直りできて良かったね!」

f:id:key1P:20160721175355j:image
ファルル「………」


26 いよいよあの子がデビューでちゅ
5

27 あけおめでかしこま!
☆4

28 プリパラ囲碁パンダでございます
☆2

29 EZ DO グロササイズ
☆3

30 ドキドキ!パラダイスコーデは誰のもの!?
5

31 スマイル!そらみ?スマイル
☆3

32 みれぃ、ぷりやめるってよ
☆3

33 らぁらのこと、おしえて
総集編

34 ファルルのトモダチ
4.5

35 最後のステージバトル!
5

36 ファルル、目覚めるでちゅーっ!!
5

37 奇跡よ起これ!ミラクルライブ
5

38 み〜んなトモダチ、かしこま!
5


f:id:key1P:20160721180729j:image
あろま「1期は終わったがプリパラは終わらないのである!」
みかん「天使と悪魔の登場なの〜!」


39 またまたアイドル始めちゃいました!?

40 天使と悪魔ねこぉ〜ん
4.5

41 のろわれたソロライブぷり!
☆3

42 プラジルから来た男
☆2

43 ドリームシアター一番乗り!クマ!
☆3

44 イゴ、さらばウサ!?
☆4

45 となりのクラスの悪魔なの
4.5

46 でび&えん保育園!ケロ?
5

47 あろまにはナイショなの♪
5  

48 6月6日、絶交アイドル
5

49 いもうとよ
☆3


f:id:key1P:20160721185409j:image
ふわり「こんにちは!私はふわり。プリンス様を探しに、パルプスからやってきたの。
幸運を運ぶトリコさんと一緒に頑張ります♪」


50 パルプスの少女ふわり
☆4

51 プリンス様と不幸せの青い鳥
☆4

52 ふわり舞う!初ライブトリ!
5

53 み〜んなプリパラ禁止命令
☆3

54 あくまのミュージアムクマ!
☆2

55 プリンスとヤギとデートと私
☆3

56 走れ!サマドリグランプリ!
5

57 ジーニアスって何パンダ?
☆4

58 かえってきたファルルでちゅ
5

59 はれときどきガァルル
5

60 夏だ!プールでラブMAX!
☆2

61 クールスキャンダル☆恐縮です
☆3

62 シオンVSひびき
☆3

63 トモチケは世界を救う
☆3

64 ハムとあじみ
☆4

65 ダ・ヴィンチ・コーデ
☆3

66 秋のテラコズミックグランプリ!
5

67 めがジーニアスって何パンダ?
☆3

68 ほら〜!ハッピーハロウィンにゃ
☆3

69 あぶないプリパラポリス最前線にほえろ
4.5

70 プリンセス・ファルル
5

71 誕生日の約束、かしこまっ!
5

72 かしこまミステリー プリパラ連続ダ・ヴィンチ事件
☆2


f:id:key1P:20160721185703j:image
ひびき「紫京院ひびきだ。そろそろ僕のライブが見たい頃だろう。いざ行かん、今宵一幕のマスカレードタイム…」


73 彼女がデビューする日
5

74 紫京院ひびきの華麗なる日常
☆4

75 イゴーイング・マイウェイ
☆4

76 ハッピーバイバイXマスなの
☆4

77 対決!ウィンターグランプリ
5

78 レッツ・ゴー!セレパラ!!
☆4

79 アイドル終了ぷり
5


f:id:key1P:20160721190330j:image
ガァルル「ガァルル、一生懸命歌う!
みんなに、見てて欲しいガァル!」



80 ポップ・ステップ・ガァルル!
5

81 地下アイドル始めました
5

82 ガァルマゲドンのデビタインデー
☆4

83 ペルサイユのくるくるちゃんダヴィンチ!
4.5

84 ポップ・ステップ・ぷりぷりぷり!
5

85 逆襲のセレブリティ4
☆2

86 つかめ、春のグランプリ!
5

87 語尾の果て
5

88 キセキの鐘をならせ!
5

89 み〜んなトモダチ!み〜んなアイドル!
5

 

f:id:key1P:20160721190134j:image
かのん「2期も無事に終わったね〜。ここからは、私たちトライアングルが活躍しちゃうよ!
かのペロ♪」


90 神アイドル始めちゃいました!?
5

91 ママアイドル始めちゃいました!?
☆4

92 ちょう絶クール蝶(バタフライ)
☆3

93 ジュルルの大冒険
☆3

94 カモンカモン・かのん!
☆3

95 かんぺきママみれぃ!
☆3

96 アロマットカードでモーたいへん!
5

97 スーパーミラクルうめぇピーチ
☆3

98 ひとり三役は大変なのん!
☆4

99 青春ジャンピンスナッピン!
5

100 テンション100MAXだよ!
☆3

101 キタ!神アイドルグランプリ!
5

102 変幻自在!ジュエルチェンジぽよ?
☆4

103 落第アイドル始めちゃいました(T T)
☆3

104 LOVE!デビル色!魔力があればなんでもデビル!
5

105 ガァルル、目覚めるでちゅーっ!!
1145141919810893




f:id:key1P:20160721190513j:image
みれぃ「お疲れ様ぷり!ここまできたら、視聴継続間違いなしぷり♪」

to be continued...

プリパラ クリスマス☆ドリームライブ 感想

f:id:key1P:20151228024936j:image

2015年12月20日舞浜アンフィシアターで開催された「プリパラ クリスマス☆ドリームライブ 夜の部」に参加してきました。ここでは自分への備忘録も兼ねて思ったこと、感じたことを述べていきたいと思います。

まずは会場までアンフィシアターのロビーに展開されていたフリーエリアについて述べていきます。今回はファミリーの部、昼の部、夜の部と3つの公演に分かれていたのですが、1日を通してフリーエリアには色々な展示が施されていました。
会場に入って右手には、いきなり特大モニターでアニメーションでのライブ映像が流れています。
f:id:key1P:20151228025231j:image

豊富な楽曲を順番に映していくので、これを眺めているだけでかなりの時間が潰せるのではないでしょうか。
中央にはプリパラのアーケード筐体が複数設置してあり、新規層もライブの記念にプリチケをゲットすることができます。
左手に進むとポップアップとフラスタが飾ってあります。主要メンバーがずらっと並んでいる光景は壮観です。
f:id:key1P:20151228025516j:imagef:id:key1P:20151228025530j:imagef:id:key1P:20151228025542j:image

一通りフリーエリアを堪能した後は物販を済ませ会場へ向かいます。ちなみに私は缶バッジとパンフレットを買いました。
f:id:key1P:20151228025708j:image

いざ入場!舞浜アンフィシアター円形ステージになっていて、まるでアニメのドリームシアターライブを彷彿とさせます。席はかなり後ろの方でしたが、そもそものキャパが多くないので個人的には全ての席がかなりの良席と呼べるのではないかと思っています。
f:id:key1P:20151228025838j:image

そしてついに開演です。キャラを紹介する映像が流れた後、いよいよ最初の曲が始まります。ここからはセットリストに沿って楽曲について思ったことを述べていきます。

Jumpin' Dancin'!
言わずと知れたPrizmmy☆の代表曲。1期最初のEDがトップに持ってこられる事から、この曲の人気が計れるでしょう。アップテンポでノリの良い曲調は、会場の雰囲気を一気に熱いものへと変えました。

Love Trooper
こちらはPrizmmy☆の初披露の新曲。どうやら今後の新EDに起用されるそうです。少し大人っぽいこの曲は、これからウィンタードリームグランプリの最終戦へと向かっていく本編のシリアスさとマッチしているのではないでしょうか。

ブライトファンタジー
流れるように今度はi☆Ris、ソラミドレッシングの登場です。現在放送されているOPであるこの曲は、登場と同時にとてつもない盛り上がりを見せ、会場の熱気をさらに強いものにしました。

でび☆えん Reversible-Ring
アロマゲドンの二人によるこの曲は、歌う前の煽り文句から忠実にアニメを再現していて、そこにまず作品への愛を感じます。振り付けもアニメで見たそのままで、そこにはまさにアロマゲドンの二人が存在していました。

ラッキー!サプライズ☆バースデイ
続けて歌われる そらマゲドン・み によるこの曲は、元々あろまの誕生日を祝う曲でもあり、会場もその雰囲気を醸し出し、あろまおめでとうという声もちらほらと聞こえて温かい雰囲気になりました。

太陽のflare sherbet サクラシャワーver
2期でバリエーションが増えた太陽のflare sherbet、今回は新バージョンのお披露目です。更なる成長を見せたそふぃのソロライブ、まさにクールの一言でした。今度はフルで聴いてみたいものです。

コノウタトマレイヒ
ふわりによるこの曲はこれまで高ぶっていた会場の空気を一気にふんわりとしたものに変え、まるでアルプスの山で行われているライブに参加しているような感覚を覚えました。ヤギのモニュメントと一緒に回り踊りながら歌うふわりには魅了されるしかありません。

絶対生命final show女
ひびきの言葉により初心を思い出したシオン、その決意のソロライブが現実のものとなった瞬間でした。その圧倒的パフォーマンスは観客さえも圧倒する完成度でした。

パニックラビリンス
前曲によって引き締まった空気をこの曲は良い意味で思い切り壊してくれました。あじみにしか出せない雰囲気、まさに独壇場といったところでしょうか。観客も置いてきぼりを食わないように必死にコールで食らいついていきます。

0-week-old
ここでまさかのサプライズゲスト、赤崎千夏さん、ファルルの登場です。白い煙の向こうから現れたファルルは以前のボーカルドールだった頃とは全く違い、ステージに向ける想いがしっかりと伝わってきます。最後に腕を高らかに上げる部分は、まさにアニメのファルルと重なって見えました。

トンでも SUMMER ADVENTURE 
ここでドレッシングふらわーの登場です。ハイテンションな曲に高まりながらコールを入れ続けていると、なんとステージ上から羽が降りてくるではありませんか!サイリウムエアリーを纏い宙へ舞うアイドルたちを見た時は鳥肌が止まらず、会場のボルテージもマックスへと近づいていきます。

純・アモーレ・愛
前曲が終わるや否や、まさかまさかの怪盗ジーニアスのBGMが会場に鳴り響きます。颯爽と登場した2人目のサプライズゲスト、斎賀みつきさん、ひびきの登場に観客は歓喜と動揺に包まれます。異様な雰囲気のまま披露されたこの曲はそれまでの空気をひびき色1色に染め上げた、そういう他ないほど会場の空気を奪い取っていきました。まさに怪盗というしかないでしょう。

ぱぴぷぺ☆police
ひびきが立ち去った後、鳴り響くサイレンの音。そしてなんと観客席通路からプリパラポリスの登場です。一通り通路を回った後、改めて怪盗確保の意思表明のライブが始まります。会場全体で行われた「ダ・ダ・ダー!」は最高に気持ちよかったです。

Realize!
ライブも終盤へと差し掛かり、ソラミドレッシングの代表曲の披露です。1期の終盤を飾ったこの曲の人気は凄まじく、会場のコールにも自然と熱が入ります。その勢いからはライブ終了を惜しむ雰囲気がひしひしと感じ取れました。

レインボウ☆メロディー♪
ライブのトリを締めくくるのはプリパラオールスターズによるこの曲。最後にふさわしい曲だと思います。会場全体を包み揺れるサイリウムは、観客と演者全員で作り出す虹と言えるでしょう。

最後に発表があり、第3期発表の時にはライブ終了間際とは思えないほどの盛り上がりを見せ、観客のプリパラという作品を想う気持ちが垣間見れました。

こうしてライブは幕を閉じましたが、プリパラというコンテンツが今後を続いていくんだという事を痛感できた事が何よりも嬉しく、この感情を会場全体と共有できた事を素晴らしく思いました。これからもプリパラを応援し続けようと改めて思った1日でした。
f:id:key1P:20151228033617j:image

シンデレラの舞踏会 -Power of Smile- 初日公演 感想

2015年11月28日(土)幕張イベントホールにて開催された「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 3rdLIVE
シンデレラの舞踏会 - Power of Smile -」の初日公演に参加してきました。ここでは自分への備忘録も兼ねて思ったことを述べていきたいと思います。

まず今回のライブで全体的に思ったことは、「なんかお祭りっぽいなー!」という事です。今までのアイマスライブの印象といえば、聞こえは悪いですが、ただライブをやるだけ、という様なイメージがありました。しかし、今回のシンデレラの舞踏会はステージセットはもちろん、会場の外の物販会場や、展示場にも様々な催しが施されており、ライブが始まる前も終わったあとも楽しくいられる様なエンターテイメント性に溢れるイベントになっていたと強く感じました。

まず特筆すべきなのはこれ。展示場に鎮座しているシンデレラのお城(通称:課金城)です。
f:id:key1P:20151204001503j:image

お城の内部にはアイドルたちの特大ポップが飾ってあります。しかもこのポップ、なんと時間経過で普段着とステージ衣装が交互にチェンジする仕様になっているのです。
f:id:key1P:20151204001655j:imagef:id:key1P:20151204001718j:image

時計の針が12時を指すと一旦カーテンが閉まり、再びカーテンが上がると衣装が変わっている。いかにもシンデレラチックな演出に思わずニヤリとしてしまいました。展示からこれだけ大掛かりなものを見てしまうと、嫌でもPたちの課金事情に思いを馳せてしまいますね…。
さて、展示はこれだけではありません。他にもコラボしている江戸切子がとても綺麗で目を奪われたり、ステージ衣装の展示があったりと面白いものがたくさん飾ってありました。
f:id:key1P:20151204002102j:imagef:id:key1P:20151204002114j:image

展示場や物販会場をぶらついていると、とある出会いがあったりします。なんと決まった時間にマスコットキャラクター「ぴにゃこら太」が出現するのです!ぴにゃの人気具合は凄まじく、写真を撮るのも一苦労でした。
f:id:key1P:20151204002341j:image
「ぴにゃ〜」

さて、そんな感じで外の催しを楽しんでいるうちに段々と日が落ちてきて、いよいよライブ本番の時間が近づいてきます。お城の明かりがつき始める頃、Pたちは入場していきます。
f:id:key1P:20151204002558j:image
入場口までの通りにはフラワースタンドが展示されていて、どれも愛に溢れた素晴らしい作品でした。個人的にはこのクローバーのフラスタが一番好みでした。
f:id:key1P:20151204002644j:image

そしてついに入場です!この人僕の席はGブロックでした。正直期待はしていなく、モニターをガン見する5時間になるのだろうと思っていたのですが、席を確認するとそこはなんと柵の真横!万が一会場内をアイドルが移動する様な事があれば実質最前というこれまでの中で間違いなく最高の席を当てる事ができていました。f:id:key1P:20151204003001j:image
しかしメインステージは遥か彼方…もはや肉眼で確認する事すら難しい距離でした(笑)
いつもの様にサイリウムを用意し、開演までの間に近くのプロデュンヌさんと名刺交換をしたりして過ごしました。ちなみに今回の僕の名刺のデザインはこんな感じです。
f:id:key1P:20151204003510p:image

さあ、いよいよ開演です!開幕の挨拶はなんと武内Pが会場を歩き回りながら行われます。ここで予感が的中、なんと柵をまたいで僕の真横を武内Pが歩いています!とんでもない神席を引いてしまったとテンションはぶち上がったところでステージセットが激しく光りだし、ついにライブが始まります。
ここからは曲の感想になりますが、特に印象に残ったものについて述べていきたいと思います。

お願い!シンデレラ
シンデレラガールズといえばこの曲!ライブの始まりをしっかりと盛り上げてくれました。曲の開始と同時に観客のテンションもマックス、待ちわびていたかの様に弾けるコールが会場に響きます。豪華なステージセットも相まって、とてつもないシンデレラ感が会場を包みました。
f:id:key1P:20151204004221j:image

We are the friends!
ここで期待通り、トロッコの登場です!馬車をモチーフにしたトロッコにアイドルが3人ずつ乗り、会場を移動し始めます。曲の中盤ほどになると、ついに僕の目の前にアイドルが!こうなるともうコールどころではありません。サイリウムをブンブン振り回し、興奮状態になりながら手が届きそうな距離にいるアイドルの晴れ姿を目に焼き付けました。
f:id:key1P:20151204004959j:image

LET'S GO HAPPY!!
待ちわびていました、この曲を!きらりのセリフが終わると同時に会場内からものすごいコールが鳴り響きます。自分を負けじと全力で声を出しアイドルを応援します。屈指のコール曲であり凸レーション大好きな自分にとって、最高の4分間でした。会場に響き渡るコールでともよ姫のイヤモニが聞こえなくなるというアクシデントもありましたが、それでも歌い切る姿には感銘を受けました。

気持ちいいよね一等賞!
続けて披露されたこの曲の始まりは、なんときらり役の松嵜麗さんとユッキ役の杜野まこさんによる野球寸劇から始まります(笑)松嵜さんの放つボールを杜野さんがかっ飛ばしホームラン!そこでイントロが始まり会場は大盛り上がり!曲のテンポもあり、凄まじい熱気に辺りは包まれていました。PASSIONパッション!HOMERUNホームラン!
f:id:key1P:20151204005351j:image

毒茸伝説
真っ赤に燃えるサイリウムの海とMush up!!!これまでの楽しい雰囲気を打ち切るように、圧倒的歌唱力で歌い上げる松田さんには圧巻の一言でした。さすがにデスボイスでコールを打っている人はいませんでした(笑)

TOKIMEKIエスカレート
これについては一つだけ。やっと現地でトキメキコールできたよ!!!最高!!!

Can't Stop!!
扇子をはためかせ、ステージは突如として80年代バブル世代へと変貌します。センターステージで歌う和氣さんは初参加とは思えない堂々っぷりでした。新曲な上にコールがなかなか難しいので、会場は盛り上がるのかと若干心配していましたが、そんなことがバカらしくなるような大盛り上がりを見せました。
f:id:key1P:20151204010234j:image

ミツボシ☆☆★
言わずと知れた本田未央の代表曲。元から盛り上がる曲ではありましたが、今回のそれは今までのものと比べ物にもなりません。ラスサビ前に未央役の原さんから放たれた「アイドル、辞めなくてよかった!」の叫びを聞いて、会場は最高の歓声をあげることで応えました。間違いなく今までで最高のミツボシ☆☆★だったと確信を持って言えます。

Orange Sapphire
Romantic Now
さて、ここからメドレーに入るのですが、その中でも特筆すべきなのがこの二曲。もともとパッションが好きな自分ではありますが、この二曲に関しては特別です。というのも、なんとトロッコの停止位置が自分の眼の前だったのです。自分の目と鼻の先の距離で歌うアイドルたちの姿は今でも覚えています。特にRomantic Nowの最後で飛び跳ねたともよ姫の姿はこの日一番に輝いて見えました。

GOIN'!!!
1期の最終回で歌われたこの曲は、今やシンデレラガールズを代表する曲になりました。観客を巻き込んで一体感を生み、アイドルとプロデューサーが一つの楽曲を共有する。そんな魔法がこの曲にはあると思います。この先もこのステージ、この奇跡はずっと続くと確信しています。

MAGIC☆
この曲はアニメの最終回で披露された曲で、今回のライブで初披露でした。何と言っても歌詞が最高で、これまでのシンデレラガールズ、そしてこれからのシンデレラガールズを表している、そんなふうに思います。願わくばいつまでもこの魔法を届け続けて欲しいものです。

そしてついに初日公演は幕を閉じました。ここから舞台は2日目へと続いていくのですが、残念ながら今回の僕の魔法はここまででした。後に発表されたセットリストを見る限り、1日目はアニメ1期メインで2日目は2期メインの構成だったようです。行けなかった二日目の分はBlu-rayで確認するしかないですね。

今回のシンデレラの舞踏会に参加した感想は、「とにかく楽しかった!」シンデレラ特有のエンターテイメント性に富んだ、まさに笑顔の力というコンセプトを体現したライブだったと心から思います。このライブに参加したPはますますシンデレラガールズが好きになったこと間違いないでしょう。これからのシンデレラガールズの活躍に期待して、ひたすらに応援し続けようと改めて思ったライブでした。f:id:key1P:20151204012104j:image

久しぶりの男盛

休日にどこにも行かないのもなんだがアレなので、ちょっくら車を走らせて地元のラーメン屋「男盛」(おとこもり)に行ってきました。
この店はこの辺りには珍しい二郎系なので、なかなかありがたい存在です。

今日食べたのはらーめん並780円。前回来た時より値上げしてますね…。
二郎系の特徴として、無料トッピングが挙げられますが、この店はなんとニンニクを自由に増すことができるのです!
というのも、カウンターに刻みニンニクがドカッと置いてあり、食べている途中であっても、好きな量を好きなタイミングで追加できます。ニンニク好きには堪らないシステムですね。f:id:key1P:20150725183711j:image

そうこうしているうちに、らーめんが、着丼しました!
f:id:key1P:20150725183828j:image
二郎系らしいビジュアル、見た目からお腹が空いてきますね。僕は最初からニンニクは入れない派なので、まずはそのまま頂きます。

この店のラーメンは麺が特徴的です。丸みを帯びたプリッとした食感の麺は、一度食べたら癖になるでしょう。こんな麺にはこの店以外で出会ったことがないですからね。f:id:key1P:20150725184050j:image

濃厚で背脂が浮かんだスープと丸麺、野菜の相性は抜群です。また、この店のチャーシューはすごく柔らかく、味も染み込んでいてかなりレベルが高いので、そこもポイントが高いです。

しばらく食べ進めてからニンニクを投入します。カウンターには「ニンニクがっつりやっちゃってください!」の張り紙が。言われるがままに、僕は結局スプーン3杯分ほどニンニクをぶち込んでしまいましたw

二郎系好きにはあるあるだと思うのですが、急に二郎が、あのニンニクの味が無性に食べたくなる時があると思うのです。そんな時、近場に店があるというのはありがたい話ですね。また近いうちに訪問させていただくと思います。

アイマス 10thライブ 感想


7月18日、19日に開催された「THEIDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」に参加してきました。
f:id:key1P:20150721030223j:image
アイドルマスターは僕が最も熱中しているとも言えるコンテンツなので、その10周年ライブはなかなか思うところも多く、ここでは個人的な感想や思った事を書いていきたいと思います。

【7月18日】MAIN WORLD 765PRO

さて、まず今回の会場ですが、まさかまさかの地元「西武ドーム」でした!
西武ドームは僕の実家から自転車で40分程度の距離にあります。それだけ身近な球場がアイドルマスター10周年記念ライブの会場になると聞いて、なんだか少し得意げになったりもしました。なので、起きる時間も少し余裕があり、昼前くらいにのっそり起きてから、軽く昼食を食べて会場に向かいます。
f:id:key1P:20150721011526j:image
ちなみに駐輪場は無料でした。地元の人たちもこの駐輪場はよく利用するそうです。
f:id:key1P:20150721011603j:image
会場に着いてみると、人がごった返していました。確かに西武ドーム周辺は広くはないと知っていましたが、ライブの動員人数、約3万8千人が一同に会するととんでもない混雑具合になりますね。コミケを彷彿とさせます。

大体会場に着いたのが2時頃で、ちょうどらいどさんが到着したとのことなので、合流することにしました。らいどさんは今回僕にチケットを両日分恵んでくださった神のようなお方です。
今回僕はらいどさん、くろこさん、もう一人の方と4連番の中に混ぜてもらう形で参加しました。らいどさんとくろこさんは前から会ったことがあり、もう一人の方も気さくな方だったので、とても楽しくライブに参加することができました。やっぱり連番相手って大事ですよね。

外が暑すぎるので、開演は4時からですが2時半には会場入りすることにしました。f:id:key1P:20150721012210j:image
地元の西武ドームアイドルマスターのアイドルたちがズラッと並んでいると、それだけで感動してしまいますね。

会場に入るとまず目に入るのは巨大モニター
f:id:key1P:20150721012348j:image
1日目はアリーナD7列というかなりの良席に当たることができました。実はこれが人生初アリーナ席なのですが、いきなりこんな目の前にこれるとは思いませんでした。

席についてしばらく待機していると、いよいよ開演時間になりました。独特の緊張感の中、巨大モニターに映し出された高木社長が喋り始めます。その後、ぷちますPからの諸注意があり、いよいよ本番が始まります…。

一曲はもちろん「THE IDOLM@STER」!
屈指のコール曲で始まった1日目は最初からテンションマックスでした。
f:id:key1P:20150721013925j:image
ドームという広い会場を沸かせる765プロのアイドルたちのパフォーマンスは10年という長い年月の積み重ねで得た貫禄が振る舞いから見て取れるほど堂々としたものでした。
1日目は765プロがメインということで、懐かしい曲から新しい曲まで765尽くしという感じでした。5年前のアニマスからこの世界に入った僕としてはとても嬉しいセットリストだったです。
曲数は48曲と最近のアイマスライブらしくとても多いので、特に良かったところなどを取り上げていきたいと思います。

Pon De Beach
765プロの新しいCDシリーズとして最近発売された「MASTER ARTIST 3」。
その響の新曲がこの曲なのですが、新曲とは思えない堂々した歌いぶりを見て、改めて沼倉愛美という演者のポテンシャルの高さ、度胸の強さを感じ取りました。間奏部分のコールアンドレスポンスの部分では水鉄砲を持ったぬーが観客に向けて水を撒くというドームの円形ステージならではの試みもあり、特に盛り上がった楽曲だったと思います。ちなみに僕はあと一歩というところでぬー汁を浴び損ねました(泣)

自分REST@RT
すでに765のトップクラスのUOとして定着したこの曲ですが、さすが10周年、ドームライブともなると演者、観客共に気合が違い、今までの中でも最高の盛り上がりを見せました。ドームの中は綺麗なオレンジで染まり、その景色は圧巻の一言に尽きると思います。

Rebellion
こちらは響のソロ楽曲ですが、この歌の歌詞にある「真実の赤」に合わせてサイリウムの色を浅葱色から一気に赤に変えるという演出はこの曲の代名詞ともなっているでしょう。しかし、今回のそれは今までのものとは比べ物にならないほど統率され、綺麗なものでした。早くBDでもう一度確認したいものですね。

絶険、あるいは逃げられぬ恋
こちらは先ほど紹介したMA3の真のソロ曲です。この曲はミュージカル調というか、曲の途中の変調が激しく、難易度の高い曲です。しかし、そこはさすがの平田宏美さん。10年間の想いをぶつけるように、完璧なパフォーマンスで歌い切りました。曲の終わりに弾けるような拍手が巻き起こったのは、会場全体がその雰囲気を感じ取ったからでしょう。

細氷
こちらもMA3の千早のソロ楽曲。ライブの終盤には今井麻美さんが高らかに歌い上げ、会場の空気を締めるというのはアイマスライブの典型とも言える演出と言えますが、この曲は千早の曲の中でも特に難しく、それ故に素晴らしい。これをドームで完璧に歌い上げたあの姿はまさに孤高の歌姫、如月千早が舞い降りたと言っても過言ではないと思います。

私たちはずっと…でしょう?
この曲はアニメアイドルマスターの最終回で歌われた曲です。なので思い入れも深く、会場全体で合唱される「でしょう?」には深く感動しました。

Destiny
この曲はゲーム「アイドルマスター One For All」で解禁された新曲です。正直な話、僕は1日目はこれを見に来たと言ってもいいです。ライブの途中、全体でウェーブを練習したのですが、それがこの曲のための布石だったと思うと、憎い演出に脱帽するしかありません。実際に曲の間奏に合わせて行われたドームでのウェーブは素晴らしいものでした。中村繪里子さんの「皆さんと『運命』感じてもいいですよね?」から始まり、「あげる、終わらない全てを」の歌詞で終わるこの曲は、これからのアイドルマスター全てを表していると感じました。


特に素晴らしいと感じた楽曲だけを紹介しましたが、もちろん全体的に見てもとても素晴らしいライブでした。この後のアンコールを終えて、1日目は終了となります。また、新作の新情報などもあり、そのでも特に大きな盛り上がりを見せた1日目は大成功と言えるものでした。
f:id:key1P:20150721032328j:image



「7月19日」 MAIN WORLD 765PRO+CINDERELLA GIRLS+MILLION LIVE

さて、1日目の熱も冷めやらぬうちに寝て起きてみれば2日目が始まります。この日も昼頃に起きて(というか寝坊しかけて)昼食を食べた後に自転車で会場の向かいます。この日は昨日と比べ物にならないほど暑く、買っておいたドリンクを行きのうちに1本飲み干してしまうほどでした。本番中に倒れては元も子もないので、途中でドリンクを2本買い足して向かいます。

会場に着いて、まずコール本をもらいます。コール本は有志の方が実費で作ってくださっている冊子で、アイマスライブの際はできるだけ頂くことにしています。f:id:key1P:20150721021848j:image

その後、かなたさん、けろべーと会い、軽く話しました。この二人は特に仲良くさせてもらっているので、できるだけ会いたいと思っています。
時間が少し余っているので、名刺交換をした後、かなたさんと(レインボーライブの話をしながら)フラスタを見て回りました。フラスタとはフラワースタンドの略で、有志の方がお金を出し合って演者さんを応援するために送る大きな花束のようなものです。どれもこれも創意工夫が施されていて、キャラや演出さんへの愛が伝わってくるものばかりです。f:id:key1P:20150721022314j:image
特にこれなんかすごいですね。アニマス8話の情景がとても上手く表現されています。
また、cygemesさんの特大フラスタが圧巻でした。というか大きすぎてフラスタと呼んでいいものなのか微妙になるレベルでしたw
f:id:key1P:20150721030408j:image
そうこうしているうちに開演時間が近づいてきたので、僕らはそれぞれの席へと向かいました。2日目の席はここ。3塁側スタンドA22です。f:id:key1P:20150721022524j:image
昨日より距離はあるものの、3塁側ステージに近く、高さがあるので全体をよく見渡せます。(機材が少し邪魔ですがw)

昨日もそうですが、開演直前に巨大モニターにスターティングメンバーが発表される演出が良いですね。球場という会場をうまく活かしています。

そうこうしているうちに2日目が開演しました!今回は765、シンデレラ、ミリオンの3コンテンツが集合した、まさにTHEIDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLDです。

序盤からREADY!!お願いシンデレラThank you!と代表曲をぶつけてきて、会場のボルテージも一気に上がります。このライブ中に今井麻美さんが言った「765、シンデレラ、ミリオン3つの力がなければドームライブは実現しなかった」という言葉に嘘はないと思います。f:id:key1P:20150721025923j:image

さて、ここでも52曲中特に素晴らしいと思った楽曲を紹介していきたいと思います。

できたてEvo! Revo! Generation!
この曲は今放送されているアニメアイドルマスター シンデレラガールズの新ユニット曲です。
アニメの中でいくつかの新曲が発表されたのでどれかは来るであろうと思っていましたが、ニュージェネレーションの3人のライブは生で見てみたいと思っていましたので、この曲が来たことは嬉しかったです。

SMOKY THRILL
765プロのユニット「竜宮小町」として歌われる曲は7thライブ以来です。いつか聞きたいと思ってたので、願いが叶った感覚でした。また、この曲の途中であずささんの誕生日も祝われました。ちなみに望月杏奈役の夏川推奈さんもこの日が誕生日でした。キャラと演者が増えるにつれて誕生日もどんどん増えていきますねw

GOIN'!!!
この曲はアニメアイドルマスター シンデレラガールズで披露された全体曲です。シンデレラの曲の中でも屈指のUO曲であるこの曲は、今回初めてコールをするであろう人たちもたくさんいるはずなのに、ほぼ完璧とまで言えるコールと共にとてつもない盛り上がりを見せました。

ちなみにここからドリームメドレーへと突入するのですが、このメドレーが楽しくて楽しくて。シンデレラの曲をミリオンの演者が歌ったり、その逆だったり。選曲もよく、とても楽しめました。個人的に一番良かったのは李衣菜とジュリアのロックコンビによる「Twilight Sky」です。青とオレンジのサイリウムによる夕焼けの演出に包まれながら楽しげに歌う2人にはとても心打たれました。

my song
この曲は中村繪里子今井麻美釘宮理恵平田宏美たかはし智秋下田麻美の6人、つまり、このライブに出演している中で「10年間ずっと一緒にやってきた仲間」で歌われました。歌が終わった後、ほぼ全員が涙を流した感動のMCは会場に息を飲みつつ見守られていました。

ライブも終盤に入り、Star!!Dreaming!(新曲)、M@STERPIECEと名曲のラッシュに会場のテンションも最高潮になります。特に繪里子
さんの「今までで最高のM@STERPIECEを!」の言葉には鳥肌が立ちました。

興奮冷めやらぬまま、新情報が発表され始めますが、今日は昨日発表されなかったものもあり、会場はどよめきます。特に、ミリオンライブのアニメPVが流れた時は5時間のライブの後とは思えないほどの盛り上がりを見せました。

その後、大きなアンコールに応えるようにカーテンコールTHE IDOLM@STERアイ MUST GO!が歌われ、長かった2日間についに終止符が打たれました。
退場の際、繪里子さんが「またここに来られますように」と、紙テープを手すりにくくりつけ、会場の気持ちを一つにしました。f:id:key1P:20150721025849j:image


こうして、充実した2日間は幕を閉じました。
さすがに全400曲超えともなると、この曲が無かった、あの曲が聴きたかったなどの気持ちもありますが、それを加味しても素晴らしいライブだったと確信を持って言えます。それほど素晴らしい2日間でした。f:id:key1P:20150721030123j:image

その後、所沢まで戻り、友人のココスとその日のうちに打ち上げをしました。f:id:key1P:20150721030448j:image
正直2Lもポカリを飲んだ直後なのでかなりの勢いで酔っ払っていたのですが、語り尽くせるはずもなく、気づいたら朝になっていました。

とにかく、とても充実した2日間でした。この2日間は改めてこのコンテンツを追い続けていこうと改めて再認識するいい機会にもなったと思います。765だけでなく、シンデレラやミリオンも応援していくつもりです。全部まとめてアイドルマスターですからね。願わくば15年、20年と続いていってほしいものです。それではここら辺で感想レポートを終わらせていただきたいと思います。ここまで読んでくださった方がいるのなら、本当にありがとうございます。f:id:key1P:20150721031323j:image

久しぶりのせい家


この前久しぶりに地元のラーメン屋「せい家」に行ってきました。この店はラーメンがワンコイン、500円で食べられるとても優秀な店です。しかも味もなかなか美味い。

この日僕は500円のラーメンにビール、替え玉まで頼みました。替え玉も100円、ビールは160円と安価のオンパレード。なんだこれ安すぎかよ。
f:id:key1P:20150710053429j:image

調子に乗って自由にトッピングできるニンニクペーストを大量に入れたら、最後の方はスープというよりドロドロのにんにく汁になってましたね。まぁ美味かったので良しとします。隣のへろくんに飲ませたら吐き出しそうになってましたけど。

とにかく安くて美味いラーメン屋なのでこれからもちょくちょく通っていきたいです。