読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牧野由依新曲発売記念スペシャルイベントinららぽーと横浜 感想

けーいちです。
2016年10月23日に開催された「牧野由依新曲発売記念スペシャルイベントinららぽーと横浜」に参加しました。
今回はその時の感想を書いていきたいと思います。
f:id:key1P:20161024225707j:image

・開演まで

まず、今回のイベントは「観覧無料」でした。
冷静に考えて観覧無料ってすごくないですか。名のあるアーティストのライブをタダで見れるんですよ。
シンデレラ4thで牧野さんに魅了されたはいいが、声優の単独イベントに参加したことがないニワカオタクの僕は、溢れる熱量に身を任せ訳も分からず始発に乗り込みました()
ららぽーと横浜に到着したのは朝7時ごろ。ライブ会場であるセントラルガーデンを見てみると、その場にいたのは3人だけでした。意外と始発で乗り込んでくるガチ勢は多くないようですね。
先に着いて待っていてくれた友人と、同じく始発から乗り込んでいて牧野さんイベ常連の強いオタクの方々と談笑しながら開演を待ちます。
牧野さんの事やデレステの事を話したり、限定まゆのMVを見せてもらったりしてました。

(ちなみにこの後2時間は誰も来ませんでした。イベント慣れしている友人に9時着でいいと言われていたのですが、この上ないベストな助言でしたね。まぁ僕自身はそのアドバイスを振り切って始発凸してるんですけど)

なにはともあれ最前中央をガッチリ確保。自分の眼の前に牧野さんが現れるのを想像すると早朝からテンションが上がってしまいますね。
f:id:key1P:20161024225654j:image

目の前に誰もいないということがこんなにも快適なのかという事を痛感しましたね。

f:id:key1P:20161024225901j:imagef:id:key1P:20161024225908j:image

じきに設営が完了。開演まであまりに暇だったのでららぽーと横浜内をウロウロ。上からの写真も撮ってみたりしました。


・CD販売開始

11時45分になり、CDが販売開始されました…

って販売開始予定は12時なんですけど!?

しかもCD販売開始しまーす!みたいな通知が全くなかったのは驚きましたね。気づいたら舞台の横に列ができてて友人とガンダッシュ状態。かなりスタートダッシュに遅れてしまったのですが、それぞれ無事に目当てのものを購入できました。
結果的にCDは完売。列形成に気づくのに後少し遅れていたら目も当てられなかった…
油断大敵ってやつですね。


・リハーサル開始

無事にCDと応募券を入手し、一安心。ジャケットや封入されているライブの応募券を見ながら友人と話している時、ふとステージを見るとハットにレザージャケット、ブーツを履いたオシャレな女性が。「うわ、なんだあのオシャレな人は」とか思ってたんですけどよく見ると

牧野由依やんけ。

え!?ってなりますよね()
僕を含め他の人も全く気付かないくらいあっさりステージ入りしてて流石に笑いました。だんだん周りが気づき始めたくらいのところで「みなさんこんにちは、牧野由依でーす!これからリハやりまーす!」的なMCが。リハでは午前午後の部を合わせて4曲のサビ前までを披露してくれました。曲のイントロで真剣に音をチェックする表情は、プロのアーティストを感じさせられました。
牧野さんの真顔って結構…怖いですよね(笑) おかげでこっちも少し緊張してました。と思いきや曲が終わった瞬間くしゃっと笑顔になるんですよね。いつも思うけど、この切り替えがズルい。ギャップ萌えなんて言葉がありますけど、この人の場合はそんな程度じゃないですね。それくらい魅力のベクトルの切り替えが速く、鋭い。僕自身の考えに「カワイイとカッコイイを両立できるアイドルは強い」ってのがあるんですけど、牧野さんに関してはカワイイとカッコイイに「キレイ」も加わってくるのでもはや最強ですよね。こう言うと贔屓目な感じがするんですけど、本当に牧野さんを見るとそう思うんですよ。


・13:00の部

そんな感じで13時になり、最初のステージが開幕。初回限定版Aのジャケットの衣装に身を包んだ牧野さんが登場します。
いやぁ、改めて最前って素晴らしいですね。視界を妨げるものが何もない。履いている靴から結んだ髪まで全てを見れる。最高。

ミニライブ1曲目は自身の紹介を兼ねて「ふわふわ♪」 この曲は片思いの女性の気持ちを書いた曲ですね。
「手をつないで離さないで見つめ合って抱きしめ合って
キスし合って髪を触っていつまでもずっとこうしてて」
こう見るとかなり甘々な歌詞ですよね。でもこれ空想妄想願望なんですよね()
とまぁ結構危ない歌なんですけど、歌っている牧野さんはすっごく笑顔でした。個人的にこの歌を歌う時はもっと真顔で切なそうに歌うのかと思っていたので意外でした。やはり観覧無料のイベントは新規が多いので、その人達向けにライトな雰囲気にしてみたのでしょうかね。偶然立ち寄って見たアーティストが迫真の真顔キメて歌ってたら怖いですからね(笑)
野外ステージなので風が吹くんですけど、その風が牧野さんの衣装のスカートを程よく揺らしていて、「これが『ふわふわ♪』か…」なんて訳のわからない事を思っていたことを覚えています。

2曲目は新曲「What A Beautiful World」です。この曲もかなりしっとり聴かせる曲調です。どうやら13:00の部はおとなしめのセットリストのようですね。
サビの声の伸びが特徴的で、澄んだような透き通った雰囲気の曲でした。CDをこの日初めて買ったので新曲は聞いたことがなかったのですけれど、ライブで聞いたことのない曲を初めて聴くというのも実は悪くないものですね。後からその曲を聴くことでライブの事をより強く思い出せます。


・握手会開始

13:00の部が終わり、そのまま握手会に突入します。列形成がされる中、僕らはひとまず落ち着くためにトイレに逃げ込みました(笑)
手をしっかり洗って、列に戻ります。友人たちと何を話すか相談し合い、ひたすらイメージトレーニング。ふと握手をしている現場に目をやると、大体7秒くらいでマネージャーさんに剥がされている様子。思ったより時間が少ない… 

言いたいことを言い終わる前に剥がされてしまうかもしれない不安が拭いきれず、あっという間に自分の番が来ました。意を決して牧野さんの前に立って握手します。
(うわっ、手ェやわらけえ!)
(目ぇ大っきいな!吸い込まれそうだわ!)
(すっごいニコニコ笑ってくれるやん!)
みたいなことを握手している間に思いました。会話の内容は新曲、シンデレラ4th、プリパラの事を混ぜ込んだような感じでした。剥がされた後の去り際、お互いに何回かお辞儀をする感じで終了。暖かい対応にひたすら感謝…
夢心地で席まで戻りました。友人たちと少し興奮状態で感想を語り合います。ふと気づくと右手からいい香りが。チョコのような甘い香りがほのかに漂ってきてひたすら驚きました。これは握手会の後は手を洗えないわけだ…
しばらくボーッとしていて危うくファンレターをプレゼントボックスに入れ忘れそうに。慌てて投函し、一安心。その後は握手会を続ける牧野さんをひたすら最前から眺めました。


・15:00の部

2ステージ目の牧野さんは初回限定版Bの黄色い衣装で登場。個人的にはこっちの方が好みですね。もっと言えばリハで着ていたジャケットの方が好みなんですけど…あれが私服だとしたらとんでもないオシャレ番長ですね。

1曲目は「88秒フライト」
この曲、実は聴いたことがなかったんですけど、一回聴いただけで神曲だって分かりましたね… 突き抜ける爽快感というか、爽やかな曲で聴いていて気分が良くなる感じがします。曲のテンポも良くて、カラオケで歌っても楽しそうですね。

2曲目は「ウィークエンド・ランデブー」
今回のもう一つの新曲です。週末のワクワク感が聴いている側まで伝わってくる楽しい曲です。15:00の部のセットリストはテンポのいい楽しい雰囲気のものですね。個人的にはこういった曲のほうが好きなんですけど、やっぱり牧野さんの真髄は前半のような聴かせる曲の方なんでしょうね。


・MC

ステージが終わり、マネージャーとのMCへ。出演中の作品や今度のイベントのことを話し終わった後、どうやら牧野さんからプレミアムな報告があるそうです。発表を焦らす牧野さん…

マ「プレミアムな報告が…」
牧「誰の?」
マ「牧野さんですよ!」
牧「私かー!」

皆知ってますよ(笑)
この「私かー!」の言い方がすっごくあろまっぽくて好きでした。
プレミアムな報告というのは、夏ライブのDVD化決定と、年明けコンサート開催決定でした。DVD欲しいしコンサート行きたいですねえ… 本人が「結婚という2文字は言えませんでした。まだまだ先の話です」と言っていました。
喜んでいいやら悲しんでいいやら… というかそんな重大発表ならもっと大きい会場でやって欲しいですけどね(笑)
音楽や声優の活動も結婚も、マイペースで進めて欲しいですね。



最後のMCを聴き終えて、僕らは帰路につきました。控えめに言って神イベだったのではないでしょうか。というか一番怖いのは「頑張れば最前を獲れる」という事を知ってしまったことですね… 握手会の時にもっと言いたいこともたくさんありましたし、色んな意味で次に繋がるイベントだったと思っています。

なによりも牧野さん、お疲れ様でした&ありがとうございました!!!


新曲リリースイベント最後の会場だったので、最後に記念写真を撮りました。僕も写っているので、よかったら探してみてください(笑)
f:id:key1P:20161025000533j:image